株式会社 後藤田商店 株式会社 後藤田商店
ご挨拶 会社概要 沿革 組織図 業務案内

昭和25年10月


昭和29年10月

昭和31年5月


昭和38年12月21日


昭和41年3月


昭和42年12月


昭和43年3月

昭和43年5月

昭和43年

昭和44年11月



昭和52年12月

昭和58年7月

昭和63年10月

平成2年1月

平成4年12月

平成5年12月

平成9年11月


平成10年11月

平成11年2月


平成13年7月

平成15年10月



平成16年1月


4月

11月

自家用トラックによる運送請負を業として、
後藤田正一が個人企業を創設。

第一セメント株式会社(現株式会社デイ・シイ)協力業者となる 。

川崎市新作にセメント原料用粘土岩採掘現場を設け、以後川崎市久地、及び横浜市港南区日野町に移設。粘土岩採掘作業を行う。

法人組織を設立。 一般区域貨物自動車運送事業を目的として、
株式会社後藤田商店を資本金200万円にて設立。

生コンクリート輸送業務を目的として、横浜市中区新山下町に
横浜出張所を開設。

東京陸運局より一般区域貨物自動車運送事業免許(67東陸自二貸代1900号)を受領。

資本金を600万円に増資。

人工軽量骨材「メサライト」の輸送業務を開始。

横浜出張所閉鎖。

芙蓉コンクリート(現第一コンクリート)株式会社設立に伴い、
生コンクリート輸送業務を行なうため、川崎市川崎区桜本に
桜本出張所を開設。

川崎市川崎区浅野町1番5号に本店を移転。

引越運送業務を開始。

資本金を1000万円に増資。

自動車部品運送業務を開始。

鋼材運送業務を開始。

業務拡大に伴い、営業範囲を首都圏区域に拡大。

産業廃棄物収集運搬業許可取得。
川崎市、横浜市、神奈川県、横須賀市、埼玉県、千葉県、千葉市

業務拡大に伴い、営業範囲を関東圏区域に拡大。

生コンクリート輸送業務を目的として、横浜市中区錦町に
横浜営業所を開設。

「管理土」運搬業務を開始。

産業廃棄物収集運搬業許可取得。
(追加)東京都、相模原市、福島県、いわき市、郡山市、栃木県、
宇都宮市、さいたま市、群馬県、茨城県

産業廃棄物収集運搬業許可取得。
(追加)長野県、長野市

環境営業部設立。

電線材運搬業務を開始。

これより前のページに戻ります